インドネシア

インドネシアの国民健康保険について Salam Kenal INDONESIA! Vol.15

健康保険

みなさん、こんにちは!ヘレナです。

インドネシア人の平均寿命は毎年延びている。データによると、2000年のインドネシア人の平均寿命は66歳でしたが、2015年は70歳となっています。寿命が延びている理由としては、インドネシア人の生活が以前より健康的になっていると言う事が挙げられます。その中で重要なポイントとなっているのは、インドネシア人の国民健康保険のBPJS Kesehatanとインドネシア人の社会健康保険のBPJS Ketenagakerjaanという制度です。。今回はこの二つの健康保険についてご紹介したいと思います!

BPJS Kesehatan

Mengenal-BPJS-Kesehatan-Logo-BPJS-Badan-Penyelenggara-Jaminan-Sosial

BPJS Kesehatan(ベペジェエス・ケセハタン)はインドネシアの新国民皆保険とのことです。インドネシア国民全員、そして6ヶ月間以上インドネシアに在留している外国人が加入しなければなりません。BPJS Kesehatanは2014年から初めて、2019年までに全国民が加入する予定です。BPJS Kesehatanに加入したら、全ての病気の治療費はBPJS Kesehatanが負担します。

kis-neneng

写真:Kartu Indonesia Sehat

BPJS Kesehatanは保険料はクラス異なります。第1クラスは1人当たりに毎月Rp80.000の保険料がかかります。第2クラスはRp51.000、第3クラスはRp25.500と、クラス別に料金が設定されており、毎月保険料の支払いをしなければなりません。現在の支払い状態や、他の情報はBPJSのアプリからチェックすることが出来ます。

クラスによって、入院する時の部屋が異なります。第1クラスは2人〜4人の部屋、第2クラスは3人〜5人の部屋、そして第3クラスは4人〜6人の部屋です。BPJS Kesehatanの手続きが終わったら、Kartu Indonesia Sehat(インドネシア健康カード)をもらいます。具合が悪い時、そのカードを見せたら自分がBPJSの会員だとわかって、その時点料金などが決められます。

しかし、BPJS Kesehatanのカードで、インドネシアにある全ての病院で病気の検査などができると言う訳ではありません。国立病院は全てOkですが、現在BPJS会員がOkではない市立病院もまだあります。こちらに関しては、政府ができるだけ多くの病院がBPJSに参加ができるようにしています。

BPJS Ketenagakerjaan

636416_620

BPJS Kesehatanの他にも、BPJS Ketenagakerjaanと言うインドネシアの新社会保障機関があります。会社員や自営業者の方は会社が自動的に加入し、会社員や自営業者以外の方は個人加入とのことです。これは、BPJS Kesehatanの料金とは別料金となっています。

詳細 会社員・自営業者 会社員・自営業者以外
月会費 月給の5.7%(2% 自負担で, 3.7% 会社が負担する). 月給の2%、最大41万ルピア(約4000円程)
支払い方法 ・会社が支払いの手続きをする。

・給料から自動的に引かれる。

・個人支払い(銀行振込)

・遅くても次の月の15日まで。

その他 ・最大5人の家族まで含まれる。(本人+配偶者+子供3人まで) ・最大5人の家族まで含まれる。(本人+配偶者+子供3人まで)

以上のテーブルを参考にして説明したいと思います。

例えば自営業者のAさんは毎月Rp100.000.000の給料だと、Rp5.700.000の支払わなければなりませんが、自分の給料から引かれるのはRp2.000.000となります。

もしAさん会社員・自営業者ではない場合、毎月の支払いは給料の2%、最大Rp410.000となります。

BPJS会員が知るべき情報がもう一つあります:医療サービスにはステップがあるとのことです。まず、自宅から一番近いクリニックから普通の検査してもらって、そのクリニックが解決できる病気であれば、最後までその病院で治療します。もしそのクリニックに技術の制限などがあれば、専門病院まで紹介されて、専門医による検査行います。もしそれでも治療が出来なければ、それより大きい病院紹介されます。

インドネシア人にとって、この健康保険システムはまだまだ馴染みのない感じもありますが、2019年まで全国民にとって安定的な健康システムを利用できるようこれからもBPJSについてのアナウンスなどが続きます。

 

いかがでしたでしょうか。

日本ではかなり前から国民皆保険が導入され、現在では当たり前のように機能していますが、インドネシアはこれからのスタートとなります。

今後、どのようにインドネシアの国民全体に浸透し、それにより平均寿命が上がっていくのか気になるところです。

質問がある方やインドネシアのことについてもっと知りたい!とか、○○についてを紹介してください!という方は、ぜひコメントをくださいね。

インドネシアの市場調査サービスを見る

Helena Alvernia

Helena Alvernia

投稿者の記事一覧

Hello! My name is Helena and I am a native Indonesian.
I am also your guide throughout this column. Please enjoy the writings and feel free to leave any comments!

関連記事

  1. 記事へっだ_title インドネシアの牛乳について Salam Kenal INDONE…
  2. 記事へっだ_title インドネシア人が選ぶ音楽配信アプリについて Salam Kena…
  3. 記事へっだ_title ジャカルタのネイルサロンについて Salam Kenal IND…
  4. 記事へっだ_title インドネシア人の平日について Salam Kenal INDON…
  5. 記事へっだ_title インドネシアの学習アプリについて Salam Kenal IND…
  6. 記事へっだ_title インドネシア人が好きなお菓子について Salam Kenal I…
  7. 記事へっだ_title GO-JEK (ゴジェック)について(1/2) Salam Ke…
  8. 記事へっだ_title インドネシアの文化について Salam Kenal INDONE…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 記事へっだ_title
  2. 記事へっだ_title
  3. 記事へっだ_title
  4. 記事へっだ_title
  5. 記事へっだ_title

PR

PAGE TOP