ベトナム

コーヒー輸出国第2位!ベトナムのコーヒー事情を調査!

cafe

ベトナムのコーヒー事情をチェック!

 

みなさん、コーヒーはお好きですか?
コーヒーの輸出国第1位といえばブラジルです。
では、世界第2位がベトナムということをご存知でしたか?

そんな、世界のコーヒーを支えているベトナムでは、
どのようにコーヒーを楽しんでいるのでしょうか。

「コーヒーに関するアンケート(※)」のデータをもとに、
ベトナムのコーヒー事情についてご紹介したいと思います。

※Licorice調べ
アンケート配信期間:2016.12.05-2017.01.14
アンケート回答者:ベトナム在住の10~50代  男女500名

 

Q.コーヒーは好きですか?(SA

caffe_001

コーヒーが好きかを聞いてみたところ、全体の49%がとても好き、
まあまあ好きが約39%、あまり好きではないが9%、嫌いが2%という結果になりました。

ベトナムの8割の人がコーヒー好き!と回答。
特に男性にコーヒー好きが多いようですね。
ここで、ベトナムとコーヒーの豆知識をご紹介!
ベトナムでコーヒーの栽培が始まったのは、19世紀頃。
キリスト教の宣教師によってコーヒーが持ち込まれたことが始まりとされています。

1887年にベトナムがフランスの植民地となりフランス文化の影響でコーヒーが広まり、
その頃からコーヒー豆の栽培も本格化したようです。

コーヒーの品種は、アラビカ種とロブスタ種の2つに大きく分けられます。
ベトナムで最も栽培されているのは、ベトナムの気候に適している「ロブスタ種」で、
ベトナムはこのロブスタ種の生産でコーヒー輸出量第2位となっています。
ロブスタ種は苦味や渋みが強いため、主にブレンドコーヒーやインスタントコーヒーの原料となります。

みなさんが日頃飲んでいるブレンドコーヒーやインスタントコーヒーにも
ベトナム産のコーヒー豆が使われているかもしれませんね。

 

Q.あなたは普段、コーヒーをどのくらいの頻度で飲みますか?(SA

caffe_002

どのくらいの頻度でコーヒーを飲んでいるかを聞いたところ、
男性は1日1回以上飲む人が52%、女性は30%という結果に。

男性は「とても好き」という人が多かったこともあり、
半数以上の人が毎日コーヒーを飲んでいるようですね。

女性は日常的にコーヒーを飲んでいるわけではなさそうですが、
週1回以上飲む方は60%はいます。
「無性に飲みたい!」というよりも「気分によって、飲んだり飲まなかったり」
といった表現が近いのかもしれませんね。

 

 

Q.あなたが1番好きなコーヒーの飲み方はどれですか?(SA)

caffe_003

好きなコーヒーの飲み方について聞いたところ、
全体で最も多かったものは「ベトナムコーヒー(ミルク入り)」で64%、
次いで「ベトナムコーヒー(ブラック)」が11%、「カプチーノ」が8.4%という結果に。
「ベトナムコーヒー(ミルク入り)」が圧倒的な人気ですね!

さて、みなさん「ベトナムコーヒー」がどんなコーヒーかご存知ですか?

ベトナムコーヒーとは、3層式の専用フィルターを使用して抽出するコーヒーです。
渋み・苦味が強い「ロブスタ種」のコーヒー豆を使用することから
ブラックでは非常に苦みが強いので、
あらかじめコンデンスミルクをたっぷり入れたカップの上に
フィルターを載せてドリップする飲み方が一般的です。

コンデンスミルクは常温保存が可能なので、
暑いベトナムには欠かせない“ミルク”となっているようです。

日本にはベトナムコーヒーを出してくれるお店がまだ少ないので、
ぜひ、現地で本場のベトナムコーヒーをお試しください!

 

ベトナムが世界的なコーヒー産地だと知られていない理由とは?

vietnamcoffee

ベトナムでは、8割もの方がコーヒー好きで、
半数近くの人が毎日1杯はコーヒーを飲んでいることがわかりました。
国産コーヒーが飲めるのは、とてもうらやましい限り!
しかし、ベトナムがコーヒーにおいて世界第2位の生産国である事実に
驚いた方も多いのではないでしょうか。

ベトナムが「コーヒー生産国」として人々にあまり浸透していないのには
栽培しているコーヒー豆の品種が影響しています。

ベトナムで主に生産しているコーヒー豆は「ロブスタ種」です。
この品種は、栽培しやすい反面、ストレートでは飲みにくいため、
主にブレンドコーヒーやインスタントコーヒー、缶コーヒーの原料となります。

一方、ブラジルやコロンビアで生産しているのはアラビカ種で、
標高1,000~2,000mの高地で栽培され、害虫や病気にも弱い非常にデリケートな品種です。
味わい・風味がよく、原産地名が付いたスペシャリティコーヒーとして、
コーヒー専門店などで取り扱われるので、知名度も浸透しやすいのです。

ベトナムでもごく一部の地域でアラビカ種のコーヒーが栽培されていますが、
生産量は全体の5%ほどと希少品となります。

コーヒー輸出国世界第2位でも、知名度が低い理由は、
ベトナムで生産されているコーヒー豆のほとんどが、
産地名が記載されないコーヒー加工品の原料となるためです。

実際に、スーパーなどでインスタントコーヒーの原料表示を見てみると、
「ベトナム」と書かれている商品がとても少ないことに驚くことでしょう。

アメリカの最大手コーヒーチェーン店で2015年からベトナムアラビカ種の取り扱いが開始しました。
“アラビカ種”ではありますが、ベトナムのコーヒーに注目が集まりつつあります。
今後のベトナム産コーヒーの盛り上がりに期待ですね。

コーヒーをお買い求めの際は、ぜひ産地をチェックをしてみてください!
新たな発見があるかもしれませんよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。この記事の元になった調査の詳細レポートをこちらからご購入いただけます。
【主な内容】
・コーヒーが好きか嫌いか
・コーヒーを飲む頻度
・コーヒーの飲み方
・コーヒーを飲むシーン
など

¥10,000 – 購入する Excluding 8% tax

関連記事

  1. disaster_170110 ベトナム人が怖い自然災害とは? ベトナムの防災について調査!
  2. home appliance どの家電を持っている? べトナムでの家電事情について調査!
  3. musicアンケート 音楽デジタル化の波に乗ってる? ベトナムの音楽事情をチェック!
  4. sns SNSは何を使ってるの? ベトナムで人気のSNSの実態を調査!
  5. pet 犬派?それとも猫派? ベトナムのペット事情を調査!
  6. ファッション ベトナムのファッション事情を調査! お買い物はネットとリアル、ど…
  7. fuji ベトナム人観光客が増加! ベトナム人が行きたい日本観光とは?
  8. Health 健康に関する意識を調査! ベトナムの約5割の人が毎日していること…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. 記事へっだ_title
  2. 記事へっだ_title
  3. 記事へっだ_title
  4. 記事へっだ_title
  5. 記事へっだ_title

PR

PAGE TOP