ベトナム

どの家電を持っている? べトナムでの家電事情について調査!

home appliance

べトナムでの家電事情について調査!

冷蔵庫、掃除機、洗濯機、食洗器、電子レンジ、クーラーなど、
身の回りにはたくさんの家電があります。

日本では1950年代後半に「三種の神器」として
憧れの家電だったテレビ・洗濯機・冷蔵庫が、
1980年頃には100%に近い普及率となり、
今では生活するうえで欠かせない存在となっています。

経済発展の真っ只中にいるベトナムでは、どのような家電を持っていて、
どのような家電に憧れを持っているのでしょうか。

「家電に関するアンケート(※)」のデータをもとに、
ベトナムの家電事情についてご紹介したいと思います。

※Licorice調べ
アンケート配信期間:2016.12.09-2017-01.31
アンケート回答者:ベトナム在住の10~40代  男女500名

 

Q.あなたがお持ちの家電を次の中からすべてチェックしてください。(MA

home appliance_001

持っている家電について聞いてみたところ、全体で最も多かったのは
「冷蔵庫」で83%、次いで「テレビ」で76%、「炊飯器」で73%の順でした。

総務省統計局「平成26年全国消費実態調査」によると、
日本の主要耐久消費財の普及率TOP3は、
「冷蔵庫」98.1%、「洗濯機」97.7%、「テレビ」96.9%です。
まさに、三種の神器そのままですね。

日本で普及率の高かった「洗濯機」ですが、
ベトナムでは「パソコン」よりもわずかに下回っていますね。

ベトナムの単身者は、アパートやマンションでの一人暮らしよりも
手頃な値段のシェアハウスやシェアルームに住んでいる人が多く、
その場合は共同の洗濯機を使うことになるので、所有率は低くなる傾向にあります。

また、ベトナムは経済成長と共にインターネットの普及も進み、
パソコンを所有する人も増えています。

このような背景が影響し、洗濯機よりもパソコンが優位に立っているのかもしれませんね。

 

Q.あなたが持っている家電の「メーカー」を教えてください。(MA

home appliance_002

持っている家電メーカーについて聞いたところ、
男女共に最も多かったメーカーは「Samsung」で、男性が73%、女性が74%でした。
続いて、男性の2位は「LG」で40%、3位は「SONY」で38%、
女性の2位は「SONY」で46%、3位は「Panasonic」で40%という結果でした。

ベトナムには国産家電メーカーがないため、
ベトナムで販売されている家電はすべて海外メーカーとなり、
韓国や中国、日本のメーカーが市場の大半を占めているようです。

それでは、次に好きな家電メーカーについて聞いてみました!


Q.
あなたが一番好きな家電のメーカーを教えてください。(SA

home appliance_003

好きなメーカーで最も多かったのは所有しているメーカーと同様に「Samsung」で、
男性は40%、女性は37%でした。
続いて、男性の2位は「LG」で16%、3位は「SONY」で12%、
女性の2位は「TOSHIBA」14%、3位は「Panasonic」11%という結果でした。

男性のTOP3は、実際に持っている家電と同じ順位になりましたが、
女性は2~4位に日本メーカーが並んでいるところを見ると、
女性の方が日本メーカーへの興味が高そうです。

ベトナムの家電市場は、Samsungをはじめとする韓国の家電メーカーが
圧倒的なシェアを誇っています。

韓国メーカーの家電は、品質の良さに加えて
手頃な価格であることが支持されている理由のようです。

日本の家電は高品質であるという評判はあるものの、
他国のメーカーに比べて価格がやや高め。
「憧れの家電」となっているのが現状のようです。

ベトナムにおいて家電は高級品に相当しますから、家電購入を検討するうえで、
品質はもちろん、価格も重要な決め手の一つとなるようです。

 

Q.あなたにとって無いと困る家電を1つだけお選びください。(SA

home appliance_004

無いと困る家電について聞いてみたところ、男女共に
「電子レンジ・オーブン」「オーディオ機器」の2つの家電が選ばれました。

先にご紹介した“持っている家電(所有率)”の結果と比較すると、
「電子レンジ・オーブン」は21% 、「オーディオ機器」は34%となっており、
所有率は高くありません。

これらの家電を選んだ人の内訳をみてみると、
「電子レンジ・オーブン」を選んだ人の内、実際に所有している人はわずか8%、
「オーディオ機器」を選んだ人の内、実際に所有している人は21%と、
その家電を持っていない人から「無いと困る!」と支持されていることがわかりました。

電子レンジやオーディオ機器には、潜在需要という“のびしろ”がありそうですね。

 

電子レンジが即席めんに対応!? 「食」の家電に注目!

ベトナムの家電事情をまとめてみると、以下の結果となりました。

★持っている家電TOP3:冷蔵庫、テレビ、炊飯器
★持っている家電メーカーと好きな家電メーカーは共に「Samsung」
★無いと困る家電は「電子レンジ・オーブン」「オーディオ機器」

「食」にまつわる家電が多いですね!

ベトナムは1年を通して暖かい気候であるため、
食品を保存する「冷蔵庫」は必需品ですね。

ベトナムといえばフォーのイメージがあるかと思いますが、
主食は日本と同じでお米、しかも白飯がポピュラーなので「炊飯器」も必需品です。

ベトナムは世界でもトップクラスの即席めん消費国です。
即席めんを作る際に「電子レンジ」を利用する人も多いようで、
インスタントヌードル機能が付いた電子レンジが展開されているそうです。

生きるためには「食」は必要不可欠な要素ですから、
支持されるのもうなづけますね。

ベトナムの家電普及率はまだ高いとは言えませんが、着実に浸透しています。

この先、ベトナムで最初に普及率がほぼ100%になる家電は何か、
また、日本の家電メーカーがベトナム家電市場にどのようにアプローチしていくのか
今後の展開が楽しみですね。

 

関連記事

  1. ファッション ベトナムのファッション事情を調査! お買い物はネットとリアル、ど…
  2. Oralcare 日本よりベトナムの方がスタンダード!? ベトナムの「歯磨き習慣」…
  3. cafe コーヒー輸出国第2位!ベトナムのコーヒー事情を調査!
  4. onlineshopping ポチっと注文&家まで配送! ベトナムのオンラインショッピング事情…
  5. lesson 8割の人が習い事を!? ベトナムの習い事事情を調査!
  6. fuji ベトナム人観光客が増加! ベトナム人が行きたい日本観光とは?
  7. sns SNSは何を使ってるの? ベトナムで人気のSNSの実態を調査!
  8. holiday お休みの日は何してる? ベトナムでの休日の過ごし方を調査!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

新着記事

  1. VOl31
  2. Vol 28
  3. Vol 29
  4. Vol 28
  5. 記事へっだ_title

PR

PAGE TOP